MEMENTO C CONTACT

Ayumi Dakemoto

Profile
トップイメージ

合同会社メメントC

 代表 嶽本あゆ美 

 

ご挨拶

Greeting

2008年以来、数々の受賞歴に輝く劇団メメントC(任意団体)を、2020年6月1日に合同会社メメントCとして法人化致しました。今後も舞台芸術創造普及活動ならびに、芸術の国際発信を目指し精進してまいります。

劇団サイトはこちら

メメントC 代表 嶽本あゆ美(劇作家 演出家 音楽監督)

Since 2008, the award-winning theater company Mement C (voluntary organization) has been incorporated as a limited liability company Mement C on June 1, 2020. We will continue to devote ourselves to the creation and dissemination of performing arts and the international dissemination of art.

Ayumi Dakemoto, representative of Memento C (playwright, director, music director)

Troupe Web Site is here

略歴

Biography

平成元年(1989年)3月 武蔵野音楽大学音楽学部器楽科卒業

日本劇作家協会会員 福田善之 斎藤憐 坂手洋二 各氏に師事

1989年4月~2001年6月 四季株式会社(劇団四季)勤務

音響オペレーター、プランナー、レコーディング・アシスタントディレクターとして、李香蘭、多数の海外ミュージカル作品初演に携わる。

平成13年(2001年)6月、四季退団後、日本劇作家協会戯曲講座一期生を経て2003年よりフリーランス脚本家、演出家として活動。

ミュージカルから近代文学の舞台化、医療、歴史劇、社会派ストレートプレイまで幅広い作劇と力強い演出力で注目を浴びる。

近年は女流邦楽家や能楽、宗教学、ジェンダー研究者等、多分野共同創作を展開している。

現在 劇団メメントC主宰  ADEF『表現教育花伝舎倶楽部』代表

賞歴

Award history

2003年 第二十五回文化庁舞台芸術創作奨励賞現代演劇部門佳作受賞 受賞作「かつて東方に邦ありき―堀田善衞『漢奸』より」

2004年 仙台市劇の街戯曲賞佳作受賞 受賞作「レゾナンス」

1989年4月~2001年6月 四季株式会社(劇団四季)勤務

2006年 第十二回日本劇作家協会新人戯曲賞受賞 受賞作「ダム」

2009年 青年劇場創立45周年戯曲賞佳作受賞 受賞作「太平洋食堂」

2014年 平成26年度文化庁芸術祭演劇部門(東京)優秀賞(団体受賞) メメントC

2021年 門真国際映画祭2021「太平洋食堂」大阪府知事賞、優秀作品賞、最優秀主演男優賞、優秀助演女優賞、優秀助演男優賞受賞

2022年 国際交流基金STAGE BEYOND BORDERS Projectに認定「太平洋食堂」

主な主催公演

Main Hosted performance

2011年7月 メメントⅭ公演「ともしび」(世界初演)「第六病棟」原作A・チェーホフ 演出:大内史子 音楽MAX・ESSA 嶽本あゆ美

2012年12月 メメントⅭ公演「クララ・ジェスフィールド公園で」演出 大内史子 音楽 嶽本あゆ美

2014年10月 メメントⅭ公演「ダム」 演出 藤井ごう 東京・熊本 助成 芸術文化振興基金

2015年7月 メメントⅭ公演「太平洋食堂」再演 東京/和歌山公演 提携 座・高円寺/大阪公演・御堂会館 (真宗大谷派・東本願寺主催)

2016年3月 メメントⅭ公演「安全区/Nanjing堀田善衞『時間』より」作・演出・音楽 東京・熊本  助成 芸術文化振興基金

2017年12月 メメントⅭ公演「女人往生環―女性を廻る芸能と救済の曼陀羅」東京都・日本橋劇場(観客動員400人)「パターチャーラー」「彼の僧の娘」脚本・演出・総合監督  邦楽・堅田喜三代 義太夫・鶴澤津賀寿 シンポジウム登壇 織田紘二(国立劇場顧問) 藤木直実(法政大学) 佐藤壮弘(立教大)  助成 芸術文化振興基金・アーツカウンシル東京

2019年12月 メメントⅭ公演 女人往生環2「韋提希」「パターチャーラー」作・演出 座・高円寺2 邦楽・堅田喜三代 義太夫三味線・鶴澤津賀寿 能楽・柴田稔 主演・観世葉子 なかええみ 人形美術・井桁裕子 助成 芸術文化振興基金

2020年12月 日本劇作家協会プログラム 明治150年異聞「太平洋食堂」「彼の僧の娘―高代覚書」杉並区・座高円寺1  助成 芸術文化振興基金

2021年12月 山の羊舎+メメントC 「私の心にそっと触れて」作 (演出・山下悟)

イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ イメージ

依頼公演

Requested performance

2016年10月 「プロキュストの寝台」脚本担当 Pカンパニー公演 演出・小笠原響 グリーンフェスタ・シアターボックス賞受賞

2017年1月 横浜夢座 音楽劇「風の吹く街・野毛坂ダウンタウン・ストーリー」作・演出・音楽構成 (主演・五大路子 髙橋長英 他 ランドマークホール j-com 放映)

2017年6月 「彼の僧の娘―高代覚書」作・演出・邦楽担当 和歌山公演 遠松忌法要公演 (主催:真宗大谷派 東本願寺)

2017年10月 劇団BDP「ミュージカルKAGUYA」脚本(シアター・モリエール 演出・菊池准 音楽・片野真吾)

2018年8月 「物語と邦楽の泉」岡田屋ホール 婀の会

2018年10月 劇団BDP公演 ミュージカル「彼女たち」作・演出 シブGeki

2018年11月 アイバンク啓発ミュージカル「パパからもらった宝もの」脚本 さいの国芸術劇場大ホール・名古屋市青少年文化センターアートピア

2019年3月 劇団椿組公演「かくも碧き海、風のように」脚本 堀田善衛『若き日の詩人たちの肖像』加藤道夫全集より 下北沢・スズナリ

2019年8月 婀の会 岡田屋ライブ「いろは大王」作・演出

2019年9月 館山キッズ・ミュージカルTrue colors 「ムジナ母ちゃん」脚本・演出

2019年10月 ステージの会「ランチ」演出(作・金塚悦子) 築地ブディストホール

2021年11月 劇団BDP主催「リアの食卓」作・演出 あうるすぽっと

2021年7月 オフィス由宇「カレンダーガールズ」 共同演出 主演:駒塚由衣

著書・寄稿

Books and Article

2017年 『演劇に何ができるのか?』共著(妹尾伸子 堀切雅和)アルファ・ベータブックス

2019年 嶽本あゆ美戯曲集『太平洋食堂』(解説・成田龍一) ハーベスト社

2021年 ロスト・イン・パンデミックー失われた演劇と新たな表現の地平

演劇の灯は消えないーー

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大によって、何が失われ、何を得たのか。そして、この先の来るべき演劇の形とは――

100人をこえる舞台関係者の声をあつめ、コロナ禍の記憶を記録する。監修:早稲田大学坪内博士記念演劇博物館 春陽堂

https://www.waseda.jp/enpaku/publication/12251

https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-11-0222280005401

寄稿  親鸞仏教センター「アンジャリ」、カトリック中央協議会会報誌、西日本新聞 他

講師派遣・ワークショップ等

Lecturer dispatch, Workshop and else

星槎国際高等学校 非常勤講師

桐朋芸術短期大学非常勤講師 ミュージカル集中ワークショップ担当

日本児童・青少年演劇共同組合主催 「児童・青少年演劇の為の劇作講座」講師

長野県茅野市民館主催事業 「あそびからクリエイティブ・日常からドラマ大発見」戯曲講座講師2017~2020年

新潟県秋葉区文化会館演劇事業講師、及び作品制作 市民ミュージカル「走れ!ロコモーション」「キクミルカタルシス」「アートプロデュース」「演劇ワークショップ」2019~2020年

青少年・児童演劇共同組合「旅する学校」指導者養成講座講師 2019年7月~12月 

その他、文化庁芸術家派遣事業、文部科学省コミュニケーション能力向上事業講師として多年度にわたり、東京都、静岡県などで講師実績多数。

PAGE TOP